売却

仲介と買取の違い

  • 仲介

    仲介では、不動産会社が売主様と買主様の間に立って取引を仲立ちするもので、最大で売却価格の3%+6万円+消費税という仲介手数料が発生します。仲介手数料の上限は法律で定められているため、これ以上かかることはありません。

    不動産を売却する際には、仲介不動産会社を通じた仲介の方が一般的ですが、それは不動産会社による買取と比較して、売却価格が相対的に高くなるというメリットがあるためです。反面、買主を探すのに時間が掛かるというデメリットもあり、特に売り出し価格が高い場合など、媒介契約期間内(3ヶ月)に成約しない場合もあります。

  • 買取

    不動産会社による物件の買取では、一般に不動産会社が売却対象の不動産やマンションを査定し、提示された見積金額で良ければ不動産会社に売却を行います。一般的に仲介と比較して、売却価格は低くなる事が多いのですが、急いで売却したい場合などの確実性という面で、大きなメリットがあります。また、買取であれば、通常の住宅やマンションではなく、特殊な土地や建物、事業用地など、仲介では成約しにくい資産の売却も可能です。

  • ポイント

    [仲介]
    仲介は、不動産会社による買取と比較して、売却金額が高くなる。
    [買取]
    不動産会社による査定・買取は、短期間で確実な売却が可能。
    買取であれば、特殊な土地、不動産、マンションの売却が可能。

    売り出し期間・目標の売却価格・成約の確度など、総合的に判断して仲介か売却を決める必要がありますので、どちらにするか迷っている場合は、営業担当までご相談下さい!

無料査定

売却費用

住まいの売却にも資金・費用の準備が必要です。仲介で売却した場合の「仲介手数料」が良く知られていますが、その他にも費用がかかります。また、税金の支払も発生しますので、手元に残る金額が一体いくらくらいになるのか、予め計算しておくと、後々予定外の出費に悩まされなくて済みます。

  1. 仲介手数料

    不動産の売却が成立した場合の報酬としてお支払いいただきます。
    400万円を越える不動産を売却した場合の上限は、売却金額の3%+6万円及び消費税となります。

    例:2,0000万円で売却した場合は、2,000万円×3%+6万円=66万円となり、消費税5.3万円を足した71.3万円が報酬となります。

    なお、売買が成立しない場合、また買取での売却の場合は必要ありません。

  2. 印紙代

    契約書に貼付する印紙です。

    例:3,000万円の売買契約は15,000円の印紙代がかかります

  3. 所得税/住民税

    不動産を売却した場合、売却した金額の所得が入ってきますので、所得税と住民税の対象となります。
    また、確定申告が必要となります。なお、居住用財産の売却には控除もあります。

  4. ローン抵当権抹消登記など

    担保権の抹消や住所が移動されている場合に必要となります。一般住宅の場合は、2~10万円程度が大半です。
    他にもローン事務手数料、司法書士への報酬、改装費用などが必要です。

  5. 引越し費用

ご不明な点は、お気軽に営業担当までご相談下さい!

無料査定

住み替えにも安心!買取保証

買いたい物件が見つかったのに、わが家が売れなかったら……とご不安の方に。

現在のお住まいが、当社の仲介で一定期間内に売却できなかった場合は、あらかじめお約束した価額で買い取らせていただきます。

この制度をご利用いただければ、ご購入の資金計画が確定しますので、ご希望に合った次のお住まいを見つけたときに、すぐにご購入の契約を締結でき、チャンスを逃すこともありません。

購入の流れ

売却相談

まずは当社の営業担当にご相談下さい。お客様と二人三脚で売却を進めていきます!

お住まいを売却する場合、「なぜ売却を決めたのか?」等の売却する動機や売却の希望条件、売却希望時期を事前検討してみることが必要です。買換えを考える場合は、購入時期等も併せて検討し、事前に売却が決定した場合の引越しや、住居についても考慮して、スケジュールを立てておくのが良いでしょう。また、売却には諸経費が発生します。

調査・査定

不動産売却の第1歩は査定から!

経験豊かな営業担当が無料で査定をいたします。各種調査の結果をふまえて、市場動向や周辺の取引事例を考慮し、売り出し価格の具体的なアドバイスをいたします。とりあえず、参考程度に「今売るといくら位で売れるの?」という方も、お気軽にご相談ください。

無料査定
   

媒介契約

不動産の売却を正式にご依頼いただく場合、国土交通省が定めた標準媒介契約約款に基づく媒介契約を、お客様と弊社との間で締結していただきます。

媒介契約には、契約内容が異なる3種類があります。
媒介契約の種類 >

媒介契約の種類
  • 専属専任媒介契約

    • 依頼者は、依頼した宅建業者以外の宅建業者に重ねて売買または交換の媒介または代理を依頼することができません。また、依頼した宅建業者が探索した相手方以外の者(自ら発見した相手方も含む)と売買または交換の契約を締結することができません。
    • 依頼を受けた宅建業者は、売物件情報を指定流通機構に5営業日以内に登録し、1週間に一度以上文書等で販売状況を報告します。
  • 専任媒介契約

    • 依頼者は、依頼した宅建業者以外の宅建業者に重ねて売買または交換の媒介または代理を依頼することができません。
    • 依頼を受けた宅建業者は、売物件情報を指定流通機構に7営業日以内に登録し、2週間に一度以上文書等で販売状況を報告します。
  • 一般媒介契約

    • 依頼者は、複数の宅建業者に重ねて依頼することができ、他の宅建業者の名称と 所在地を、依頼した宅建業者に通知する義務がある「明示型」と、通知しなくてよい「非明示型」の2種類があります。
    • 依頼を受けた宅建業者には、売物件情報の指定流通機構への登録義務と、依頼者に対する販売状況の報告義務はありません。

売却活動

売主様のご希望にできるだけ添えるよう、総力をあげて売却活動!

当社ホームページでの紹介を始め、専門誌やインターネット、独自のネットワークを利用した売却活動を行います。

売主様の不動産にご興味を持たれたお客様を売主様にご紹介。売主様のご都合にあわせて、ご購入希望の方にお住まいを見ていただきますので、御協力をお願いいたします。

売買契約

買主様・売主様双方の条件がまとまったら、いよいよ契約です!

売主様・買主様共に新しい生活を始めるにあたって、「こんなはずじゃなかった」、「こんなこと知らなかった」などということのないように、重要事項を当社担当がしっかりご説明いたします。

売買契約書に買主様・売主様双方がご署名・ご捺印をされると契約が成立し、手付金の受け渡しとなります。

買取保証

期間内に仲介でご売却できなかった場合も安心!あらかじめお約束した価額にて当社が買い取らせていただきます。

買取保証をご希望のお客様には媒介契約時に買取金額を設定させていただきます。詳しくは営業担当までご確認ください。

買取

早く、そして確実な売却をお考えの方はこちら

当社にて買取価格の条件をとりまとめ、お客様に提案を実施するので、「売れるか分からない不安」を解消し、素早い売却を実現します。

お打ち合わせ後、納得の上で、提示(査定)価格で契約をします。契約に関して不明な点などある場合は、些細な点でもご質問下さい。

もちろん「こんなはずじゃなかった」、「こんなこと知らなかった」などということのないように、重要事項を当社担当がしっかりご説明いたします。

残代金決済・引渡

いよいよ最後のステップ!引渡し当日は営業担当が立ち会い、最後まで責任をもってお手伝いいたします。

売主様・買主様の双方で、物件が引渡しできる状態であるか、最終チェックをしていただきます。万一、契約時と状況が違っていた場合も、この確認をしておけば事前にトラブルを防ぐことができます。

融資の実行等により残代金を受取り、買主様(買取の場合は当社担当)に鍵をお渡しいただきます。これで、物件引渡しの完了!ご売却後も確定申告やご購入について、お気軽にご相談ください。

無料査定

当社へのアクセス

仙台不動産株式会社

宮城県知事(2)第5791号

電話番号 022-397-9876
ファックス 022-397-9874
営業時間 9:00〜18:00
定休日 毎週日曜日・祝日
所在地

〒984-0042
仙台市若林区大和町2丁目1-2 キャッスル大和町 1階

  • ご相談・お問い合わせ
  • 無料査定
  • 売却について
  • 購入について
  • 賃貸について